66歳以上まで働ける企業の割合に関する調査より

日誌

◆66 歳以上まで働ける企業の割合が増加

厚生労働省が公表した労働市場分析レポート「希望者全員が66 歳以上まで働ける企業の割合について」によれば、従業員31 人以上規模の企業で、希望者が66 歳以上まで働ける企業の割合が、平成29 年度で9.7%(前年比1.2 ポイント増)に上ることがわかったそうです。

◆企業規模が小さいほど65 歳を超えた高齢者雇用に積極的

企業規模別にみると、31~100 人規模で12.0%、101~300 人規模で6.2%、301 人以上で3.0%と、規模が小さい企業のほうが、65 歳を超えた高齢者雇用に積極的であることがうかがえます。
また、ここ5年間では全体的にゆるやかな増加傾向が続いていていたところ、平成28 年度から平成29 年度にかけての伸びは大きくなっています。

◆定年廃止も約3割

希望者全員66 歳以上まで働ける企業の雇用確保措置内容の内訳としては、「希望者全員66 歳以上継続雇用」が55.0%と最も多く、「定年なし」も26.8%と約3割を占めています。
建設業、情報通信業、宿泊、飲食サービス業などでは、比較的、定年を廃止とする措置が多い傾向にあり、人手不足の産業を中心に、長く働ける措置を実施している企業が多いことがわかります。

◆国も高齢者雇用を推進

厚生労働省は、従業員が31 人以上規模の企業で、65 歳までの継続雇用を再雇用制度で対応している約12 万社を対象に、定年制の撤廃や再雇用年齢の引上げを呼びかけるとしています。
今後は、高齢者雇用の取組みがますます求められてくる中で、企業としても、高齢者雇用に対応した処遇制度や研修体制、健康配慮の体制などを整えていく必要がありそうです。

【厚生労働省「労働市場分析レポート」】
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000307818.pdf

 

これから66歳超の高年齢者を雇用したいという企業様におかれましては、助成金を活用して制度を導入するといったものもございますので、是非、ご相談いただければと思います。


コメントはまだありません

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お知らせ
「働き方」が変わります!!

2019年4月1日から、働き方改革関連法が順次施行されます。 1.時間外労働の上限規制が導入されます …

お知らせ
労働時間の把握、来春より管理職にも義務化

◆労働時間の記録と保存 来年4月から、いわゆる「管理職」の労働時間把握と、その記録の保存が企業に義務 …

お知らせ
従業員の健康情報取扱規程の策定が必要になります

◆働き方改革法で規定 働き方改革法成立を受け、主に労働時間に関する改正が話題になっています。しかし、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。