社会保険の保険料は、4~6月の給与の金額の平均額で決まると申し上げましたが、当然ながらその期間に残業をすると、残業代も含めて計算されます。

4~6月が繁忙期で、他の月はあまり忙しくないからあまり残業代つかない。けど、手取りが前より少なくなったなと思ったら、社会保険料が増えてた!!なんてことは、よくあることです。

しかし、たとえば、上記の例で7月に夏季ボーナスがある会社の場合、あら大変。

一生懸命働いて、勤務成績も上々で、「ボーナスも一杯入るんだろうな」と思っていたら、「あれっ、思っていたより少ない!」。そんな経験はないでしょうか?

これは、ボーナスにかかる源泉所得税の率を求めるのに、「前月の社会保険料控除後の金額」を使用するため、ボーナスの前月にたくさん働くと、源泉所得税控除が上がって、ボーナスの手取りが減るという奇妙な現象が起こります。

最終的に、年末調整で再計算して払い過ぎていれば戻ってきますが、物入りの夏にお金がないとなると、お父さんとしては納得がいかない部分があると思います。

しかし、所得税は払わないといけませんので、ボーナス前には、あまり働き過ぎないようにしましょう。