◆1on1ミーティングとは

 働き方改革・テレワークの浸透などで、社内コミュニケーションの重要性が再認識されています。そこで注目されているのが、「1on1(ワンオンワン)ミーティング」です。
 単に「1on1」と呼ばれることもあります。
 これは、上司と部下が1対1で行う面談です。
 1回の所要時間は30分~1時間程度で、1週間や1か月ごとなど定期的に実施するのが特徴です。外資系企業やスタートアップ企業等では、すでに文化として定着しています。
 話し合う内容は、企業によってさまざまです。現状の確認や、業務上の小さな気づきや困りごと、今後の目標、プライベートについてなどが多いようです。
 人事評価のための面談とは異なり、その場で評価することはしません。
 定期的に対話を行うことで、上司と部下の関係性を深めながら、部下自身の気づき・成長を促すことが目的です。

◆どのような効果があるか

1on1ミーティングは、以下のような目的をもって行うと、大きな効果があるとされています。

  • 部下の成長を促す
     1on1では、上司が問題や解決策を教えるのではなく、対話の中で部下が自ら気づくことを求めます。これにより、自らの課題について主体的に考え、行動できるようになります。
  • 上司の成長を促す
     1on1における上司の役割は、部下の考え・感情を汲み取り、適切な方向に導くことです。聞く力を磨くことで、部下を育成する力を高めることができます。
  • 組織の成長を促す
     上司と部下が信頼しあい、なんでも話せる組織を作ることができます。こうした組織では状況把握や適切な人材配置が行いやすくなります。イノベーションを生み出すことに繋がります。また、不満や不安にいち早く気づくことができ、定着率の向上にも役立ちます。

 飲み会や喫煙所等でのコミュニケーション機会が減少し、テレワーク等で顔を合わせることすら減っている昨今、かつてより意識して社内コミュニケーションをとる必要があります。
 そのための仕組みとしての1on1ミーティング導入を考えてみてもよいかもしれません。