新年あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い申し上げます

昨年も色々ございましたが、今年は更に法律的に厳しくなります。
4月まであっという間だと思いますので、今のうちに備えておきましょう!

1 労基法改正…①36協定時間の法定化(中小企業は2020年4月~)
       ②年次有給休暇の5日間強制付与

2労安法改正…①産業医・産業保健機能の強化(情報提供や役割の強化等)
       ②医師の面接指導(残業100時間超⇒80時間超等)
       ③労働者の心身の情報に関する取り扱い(規程整備必要)

3 パートタイム労働法、労働契約法改正…正規雇用と非正規雇用の間の不合理な待遇差が禁止されます。(2020年4月~ ※中小企業は2021年4月~)
フルタイマーと正社員の処遇格差の問題もありますが、喫緊の課題としては、退職後の嘱託社員(同一労働)に対する手当等の違いが問題になってくると思われます。

4 国民年金法改正…4月~第1号被保険者(つまり自営業者の妻)の産前産後休暇中(※育児休暇中は対象外)の国民年金保険料が免除となります。※国民健康保険料(税)は免除にはなりません。

個人的には1の①36協定時間の法定化はかなりしんどいと思います。特に大きな会社であればあるほど。1の②は仕組みを作ってしまえばなんとか。2の①~③はノーマークな会社さんが多いのではないと思います。3は訴えられて初めてわかりますが、そうならないように事前にできることできないことを整理して、運用方法を考える必要があります。4はあまり会社には関係ありませんが、自営業の奥さんを持つ方は「あっ、そういえば!」と思い出していただければと思います。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください