セルフ・キャリアドック導入を支援する拠点が開設に! – 千の葉社労士合同事務所

セルフ・キャリアドック導入を支援する拠点が開設に!

お知らせ

◆無料で企業における組織活性化の仕組み作りを支援

厚生労働省は、先月、企業の「セルフ・キャリアドック」の導入を無料で支援する拠点を、東京と大阪の2カ所に開設しました。企業内の人材育成・キャリア形成に精通した専門の導入キャリアコンサルタントを配置し、セルフ・キャリアドックの導入を検討する企業の状況や要望に応じてアドバイスを行うなど、具体的な支援を行うというものです。また、企業内でキャリアコンサルティングの機会を得ることが難しい方からの、仕事や将来のキャリアに関する相談にも、専門のキャリアコンサルタントが応じます。

【概 要】
[東京拠点]〒160-0008 東京都新宿区三栄町8 三栄ビル4階
[大阪拠点]〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-3-15 大阪建大ビルディング4階
[電話]東京 03(5361)6405、大阪06(6543)2271
[受付時間]午前9時~午後5時(月~金)年末年始祝祭日除く
[メール]selfcareerdock@saintmedia.co.jp

◆そもそもセルフ・キャリアドックって何?

セルフ・キャリアドックとは、定期的なキャリアコンサルティングとキャリア研修などを組み合わせて行う、従業員のキャリア形成を促進・支援することを目的とした仕組みのことをいいます。セルフ・キャリアドッグを導入することで、企業にとっては人材の定着や従業員の意識向上を通じた組織活性化が期待されます。また、従業員にとっても自らのキャリアを考えることで仕事に対するモチベーション向上につながります。

◆セルフ・キャリアドックの具体的な進め方

① キャリア研修……自身のキャリアの棚卸しやキャリア目標・アクションプランの作成等
② キャリアコンサルティング……従業員とキャリアコンサルタントが1対1で面談を行い、従業員が、働き方で大切にしていること、企業から求められる役割や責任などの確認し、それらを基にしたキャリアビジョン・行動プランを策定
③ フォローアップ……組織全体で、個別従業員および組織の課題を解決していく。職場(上司など)からの課題解決支援や、改善策を実行した結果を、アンケート等により継続的に振り返る等
※キャリアコンサルタント:キャリアコンサルティングを行う専門家で、国家資格者です。新卒採用者や育児・介護休業者、中堅社員、シニア社員などそれぞれに応じたコンサルティングを行い、職場定着や職場復帰率の向上、能力開発の方向付け、セカンドキャリアの設定等を支援します。

【厚生労働省資料】
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212450.html


コメントはまだありません

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お知らせ
従業員の健康情報取扱規程の策定が必要になります

◆働き方改革法で規定 働き方改革法成立を受け、主に労働時間に関する改正が話題になっています。しかし、 …

日誌
66歳以上まで働ける企業の割合に関する調査より

◆66 歳以上まで働ける企業の割合が増加 厚生労働省が公表した労働市場分析レポート「希望者全員が66 …

お知らせ
労働条件の決定について

最近、時代の波と申しますか、起業したという方に出会うことが非常に多くなっております。 IT系だとほと …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。