「求人票の記載内容」と「実際の労働条件」の相違の実態

◆「賃金」に関する相違が最多

今月初めに厚生労働省から「ハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等の件数(平成28年度)」が発表されました。
これによると、平成28年度における申出・苦情等の件数は9,299件(前年度10,937件)となり、内容別の件数は以下の通りとなっています。
【内容別件数】
・賃 金 28%(前年度24%)
・就業時間 21%( 同 19%)
・職種・仕事の内容 14%( 同 13%)
・選考方法・応募書類 11%( 同 12%)
・休 日 10%( 同 9%)
・雇用形態 8%( 同 7%)
・社会保険・労働保険 7%( 同 7%)

◆「求人条件と実際の労働条件が異なる」場合の対応状況

ハローワークでは、求人を受理する際に、原則として対面で求人条件を点検するなど、求人内容の適法性・正確性の確認に努めているほか、採用結果の確認時に相違がある旨の報告を受けた場合は、事実を確認し、必要に応じて是正指導等を実施しています。
そして、求職者から「求人条件と実際の労働条件が異なる」といった相談があった場合には、迅速な事実確認と必要な是正指導を行うほか、法違反のおそれなどがある場合は以下の対応を行っているとのことです。
【対応状況の内訳】
・求人票の内容を変更 982件(27%)
・職業紹介の一時保留 330件(9%)
・求人取消 311件(9%)
・求人票に合わせ労働条件を変更 196件(5%)
・その他(求人票が無効等) 1,789件(50%)

◆要因別の件数は?

なお、相違についての要因別件数としては、「求人票の内容が実際と異なる」(39%)と「求人者の説明不足」(25%)で全体の3分の2程度を占めており、「言い分が異なる等により要因を特定できないもの」が10%で続いています。


労働保険(労災・雇用)の年度更新・納付は10日までです。

先週29日から引き続き、今月5日まで、労働基準監督署で労働保険料申告書の受付窓口をお手伝いいたしました。まだ、梅雨明けではないのに、3日には今年の最高気温を記録、台風3号が九州に上陸し、4日夜に関東では雨が降りました。5日は台風一過で暑さが戻り、くたくたになって来所されるお客さんが多かったような気がいたします。

ただ、まだ人数はそれほど多く来られていないので、これからが本番なのかなと思われます。本日はあと数時間程度ですが、残り4日、夏の暑い時期ご面倒ではありますがお早めにお願い致します。多くの顧問先を持っておられる社労士の先生は、午前中がおススメです。

結構、間違えると大変といいますか、都・県が違うと納付書が出せないので、管轄の労基署から送ってもらうか、間に合わなければ行くしかないということにならざるを得ませんので、ある程度余裕を持ってやられることをおススメ致します。

中には、納付書を切り離して、すでに事業主に渡してしまったという方もいて、間違っていなければいいんですけど、もし、間違っていたらどうするのか?と思ったりすることもございました。計算は合っていたけど、納付書の金額が違うという場合もいくつか見受けられましたので注意が必要です。

かくいう私も、昨日、ようやく社会保険の算定基礎届と月額変更届を、新宿に出しに行ったところでありますが、予定が入るとなかなか行けないということになりますので、早めに準備、チェックをして、出せるようにしておくということが重要だと思いました。(労働保険の年度更新は先月末に完了済み。)

今年、初めて行政協力をしてみて思ったことは、何も書いてこない方が圧倒的に多かったということです。タダでやってもらえるから書かないで持ってくるというのはわかる気はしますが、結構、人件費(税金)がかかっております。我々は申告書の受付けをするのが役割なので、それ以上の労務的な助言や指導が必要な方に対しては「是非、お近くの社労士にご相談ください。」としか言えません。29年度の確定保険料に「事業主」の保険料を入れて来ないことを願います。