千葉介護医療サポートチーム

新規事業を始めたい方

新規開業のお手伝いをいたします。

医療、介護、労働・社会保険関連制度のフォローアップ

医師、歯科医師、薬剤師、看護師等の医療専門資格、または、介護福祉士、社会福祉士等の介護専門資格をお持ちの方が、新規事業として開業される際には、ご自分の専門知識内のことはよくおわかりだと思います。
しかしながら、一から事業を立ち上げるとなりますと、最新の診療報酬体系、施設基準、お役所への許認可申請や法人設立手続きなど、設立のための知識が必要になってきます。
また、事業所設立にあたっては、労働保険・社会保険の新規適用等の手続、人を雇う際には、雇用保険・社会保険の資格取得手続き等がございます。
ご自分で全部やられるという方には、知識のフォローアップをいたします。
一人では忙しくて無理だと思われる方には、手続代行までサポートいたします。
 

事業計画及び採用計画作成のサポート

医療や介護には、独自の診療報酬・介護報酬という制度があり、仕事そのものに対する報酬と、仕事は関係なく体制を整備したことによる報酬とがあり、業界特有の収支構造がございます。
また、医療法における人員配置標準によって、適正な人員を確保できなければ病床数の減少を招き、経営悪化するという事態も想定されます。
あらゆる事態を想定することは不可能ですが、様々な事態に対してリスクを軽減し、適切なアドバイスをさせていただきます。
 
また、採用にあたっては、採用に関する助成金が申請できます。
創業期は多額のコストがかかることから、助成金を活用されるとコストの圧縮につながります。
しかし、助成金で注意しなければならないことは、計画、または、申請書の提出期限です。
1日でも期限を過ぎてしまえば、助成金は支給されません。解雇者を出してしまっても同様です。
そうならないように、採用計画と連動してスケジュール管理や注意事項についてご説明させていただきます。
 
▶助成金申請に関する詳細はこちら
 

就業規則の作成

多様な働き方をする医療・介護業界の労務管理は、最初にルールを決めておいた方が、後々のトラブルを避けるためにも必須といえます。
また、人を採用するにも、賃金その他の労働条件などの基準となるルールがあった方が、労使双方にとって非常に便利なメリットがあります。
さらには、ルールを破った従業員に何らかのペナルティを与える場合に、書いておかないと何もできないというようなことも起こってきます。
法律上は、常時10人以上雇用しなければ作成する義務はありません。
しかし、上記のような理由から、作っておいた方が後々に活きてくるというものですので、おすすめです。
 
▶就業規則に関する詳細はこちら

 

ご相談、ご依頼はこちら
9:00~18:00(土日祝日除く)
otoiawase 


ホーム サイトマップ
HOME 就業規則 人事評価制度 労務相談 助成金