千葉介護医療サポートチーム

職場意識改善助成金(勤務間インターバル

職場意識改善助成金の内容及び受給額

受給対象となる事業主

受給対象となる事業主は、次のいずれにも該当する事業主です。
 
① 労働者災害補償保険の適用事業主であること
② 次のいずれかに該当する事業主であること

業種

A.資本または出資額

B.常時雇用する労働者

小売業(飲食店を含む)

5,000万円以下

50人以下

サービス業

5,000万円以下

100人以下

卸売業

1億円以下

100人以下

その他の業種

3億円以下

300人以下

③ 次のアからウのいずれかに該当する事業場を有する事業主であること
ア 勤務間インターバルを導入していない事業場
イ 既に休息時間数が9時間以上の勤務間インターバルを導入している事業場であって、対象となる労働者が当該事業場に所属する労働者の半数以下である事業場
ウ すでに休息時間が9時間未満の勤務間インターバルを導入している事業場
④ 労働時間等の設定の改善を目的として労働時間の上限設定に積極的に取り組む意欲があり、かつ成果が期待できる事業主であること

対象となる取組

いずれかを1つ以上実施してください。

 

・ 労務管理担当者に対する研修
・ 労働者に対する研修、周知・啓発
・ 外部専門家(社労士、中小企業診断士など)によるコンサルティング
・ 就業規則、労使協定等の作成、変更(時間外・休日労働に関する規定の整備など)
・ 労務管理用ソフトウェアの導入・更新
・ 労務管理用機器の導入・更新
・ その他の勤務間インターバル導入のための機器等の導入・更新
※原則としてパソコン、タブレット、スマートフォンは対象となりません。

 

成果目標の設定
受給対象となる取組は、以下の「成果目標」の達成を目指して実施してください。>

事業主が、事業実施計画において指定したすべての事業場において、休息時間数が、「9時間以上11時間未満」又は「11時間以上」の勤務間インターバルを導入すること

 

具体的には、事業実施計画において指定した各事業場において以下のいずれかに取り組んでください。
ア 新規導入・・・勤務時間インターバルを新たに導入
イ 適用範囲の拡大・・・勤務時間インターバルの制度の対象労働者の範囲を拡大
ウ 時間延長・・・勤務時間インターバルを導入している事業場において、所属する労働者の半数を超える労働者を対象として、休息時間を2時間以上延長して、9時間以上とすること

 

事業実施期間
事業実施承認の日から平成30年2月15日までに取り組みを実施してください。 ※事業実施承認は、平成29年4月3日以後に行うこととなりますのでご注意ください。

 

受給額

取組の実施に要した費用の一部を、成果目標の達成状況に応じて支給します。

事業の実施に要した経費のうち、
謝金 旅費 借損料
会議費 雑役務費 印刷製本費
備品費 機械装置等購入費 委託費

を助成対象の経費とし、その合計額に補助率(3/4)を乗じた額を助成します。

ただし、次の上限額を超える場合は、上限額とします。

 

〇上限額

休息時間数(※)

「新規導入」に該当する取組がある場合 「新規導入」に該当する取組がなく、「適用の拡大」又は「時間延長」に該当する取組がある場合

9時間以上11時間未満

40万円

20万円

11時間以上

50万円

25万円

※事業実施計画において指定した事業場に導入する勤務間インターバル時間のうち、最も短いものを指します。

 

戻る

友だち追加

ホーム サイトマップ
HOME 就業規則 人事評価制度 労務相談 助成金