千葉介護医療サポートチーム

キャリアアップ助成金

◆キャリアアップ助成金の内容と受給額◆

キャリアアップ助成金は、有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者の企業内でのキャリアアップを促進するため、これらの取り組みを実施した事業主に対して助成をするものです。
以下の8コースに分けられます。

正社員化コース 有期契約労働者等を正規雇用労働者に転換又は直接雇用した場合
人材育成コース 有期契約労働者等に対する職業訓練を実施した場合
賃金規定等改定コース

有期契約労働者等の賃金規定等を増額改定(※)し、昇給を図った場合
※賃金規定等を2%以上増額改定

健康診断制度コース

有期契約労働者等を対象に「法定外健康診断制度」を新たに規定・実施(※)した場合
※有期契約労働者等の4人以上に実施

賃金規定等共通化コース  有期契約労働者等と正規雇用労働者との共通の賃金規定等を新たに規定・適用した場合
諸手当制度共通化コース  有期契約労働者等と正規雇用労働者との共通の諸手当制度を新たに規定・適用した場合
選択的適用拡大導入時処遇改善コース  500人以下の企業で、短時間労働者の社会保険の適用拡大を導入する際に、有期契約労働者等の賃金引上げを実施した場合
短時間労働者労働時間延長コース  短時間労働者の週所定労働時間を延長し、社会保険を適用した場合

 

受給額

コース

受給額

※<>は生産性の向上が認められる場合の額、( )は中小企業以外の額

正社員化コース

①有期⇒正規
1人当たり57万円<72万円>(42万7,500円<54万円>)
②有期⇒無期
1人当たり28万5,000円<36万円>(21万3,750円<27万円>)
③無期⇒正規
1人当たり28万5,000円<36万円>(21万3,750円<27万円>)
※正規には、「多様な正社員(勤務地・職務限定正社員、短時間正社員)」を含みます。
 
【派遣労働者を派遣先で正規雇用等として直接雇用する場合】
①③1人当たり28万5,000円<36万円>加算
 
【母子家庭の母等又は父子家庭の父の場合、若年雇用促進法に基づく認定事業主が35歳未満の者を転換等した場合】
①1人当たり9万5,000円<12万円>加算
②③4万7.500円<6万円>加算
 
【勤務地・職務限定社員制度を新たに規定した場合】

①③1事業所あたり9万5,000円 <12万円>(7万1,250円<9万円>)加算

人材育成コース

 

有期契約労働者に次のいずれかを実施
・一般職業訓練(OFF-JT)
・有機実習型訓練(「ジョブ・カード」を活用したOFF-JT+OJT)

Off-JT 《1人当たり》
賃金助成 1時間当たり760円<960円>(475円<600円>)
経費助成 実費助成 ※訓練時間数に応じて1人当たり次の額を限度

(有期実習型訓練後に正規雇用等に転換された場合)

100時間未満 10万円(7万円) 15万円(10万円)
100時間以上200時間未満 20万円(15万円) 30万円(20万円)
200時間以上 30万円(20万円) 50万円(30万円)

OJT 《1人当たり》
実施助成 1時間当たり760円<960円>(665円<840円>)

賃金規定等改定コース

①全ての賃金規定等を2%以上増額改定
対象労働者数が、

1~
3人

9万5,000円<12万円> (7万1,250円<9万円>)

4~
6人

19万円<24万円> (14万2,500円<18万円>)

7~
10人

28万5,000円<36万円> (19万円<24万円>)

11~
100人

1人当たり
2万8,500円<3万6,000円>

1人当たり
(1万9,000円<2万4,000円>)

②雇用形態別、職種別等の賃金規定等を2%以上増額改定
対象労働者数が、

1~
3人

4万7,500円<6万円> (3万3,250円<4万2,000円>)

4~
6人

9万5,000円<12万円> (7万1,250円<9万円>)

7~
10人

14万2,500円<18万円> (9万5,000円<12万円>)

11~
100人

1人当たり
1万4、250円<1万8,000円>

1人当たり
(9,500円<1万2,000円>)

※中小企業において3%以上増額した場合
①1人当たり1万4,250円<1万8,000円>加算
②1人当たり7,600円<9,600円>加算
 
※「職務評価」の手法の活用により実施した場合
1事業所当たり19万円<24万円>(14万2,500円<18万円>)加算 

健康診断制度コース 1事業所あたり38万円<48万円>(28万5,000円<36万円>)
賃金規定等共通化コース 1事業所あたり57万円<72万円>(42万7,500円<54万円>)
諸手当制度共通化コース 1事業所当たり38万円<48万円>(28万5,000円<36万円>)
選択的適用拡大導入時処遇改善コース

 

基本給の増額割合に応じて、1人当たり

3%以上
5%未満

1万9,000円<2万4,000円> (1万4,250円<1万8,000円>)

5%以上
7%未満

3万8,000円<4万8,000円> (2万8,500円<3万6,000円>)

7%以上
10%未満

4万7,500円<6万円> (3万3,250円<4万2,000円>)

10%以上
14%未満

7万6、000円<9万6,000円> (5万7,000円<7万2,000円>)
14%以上 9万5,000円<12万円> (7万1,250円<9万円>)

 

短時間労働者労働時間延長コース

 

1人当たり19万円<24万円>(14万2,500円<18万円>)
※上記「賃金規定改定コース」又は「選択敵適用拡大導入時処遇改善コース」と併せ、労働者の手取りが減少しない取組をした場合、1時間以上5時間未満延長でも助成

1時間以上
2時間未満

3万8,000円<4万8,000円> (2万8,500円<3万6,000円>)

2時間以上
3時間未満

7万6,000円<9万6,000円> (5万7,000円<7万2,000円>)

3時間以上
4時間未満

11万4,000円<14万4,000円> (8万5,500円<10万8,000円>)

4時間以上
5時間未満

15万2、000円<19万2,000円> 11万4,000円<14万4,000円>)

※生産性要件の詳細については、こちらのページをご覧ください。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000159251.pdf

※すべてのコースにおいて、助成人数や助成額に上限があります。

 

戻る

友だち追加

ホーム サイトマップ
HOME 就業規則 人事評価制度 労務相談 助成金